×

CATEGORY

CATEGORY

基本的に納品書・明細書・領収書はお入れしておりません。 基本的に納品書・明細書・領収書はお入れしておりません。

FAX注文について

FAXでのご注文も承っております。
指定の注文用紙にご記入いただき、下記FAX番号までお送りください
注文用紙はこちら
送信先:0242-22-0469

Facebook

 

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧»  R6 庄治郎日記 1月»  あれは 遠い夏の思い出

あれは 遠い夏の思い出

あれは 遠い夏の思い出

季節は 去年の盛夏を少し過ぎた頃かと思う
托鉢僧が家の前で 何やら
お経を唱え始めたのでした
びっくりした娘は オロオロし
私の後ろに隠れ そっと
覗いて 見たりしています

そのうちに 慣れたのか わずかばかりの
お布施をすると
お経を聞いていました



私達とは一切 口をきかず 軽くこうべを垂れると
立ち去ったのでした

私が子供の頃は 知っている庵主様が定期的に
托鉢に やって来ていましたので
留守番をしていた自分が
ごはん茶碗に2杯ほどの 白米を 静かに
お腹に下げた 袋へ入れました

やはり いつもとは 違い
ずっと お経を唱えていました

今回の托鉢をしていた 彼の事は
知りませんが
あの 暑い中を歩いていたので
さぞや 難儀だろうにと思ったのでした

by母さん

2024-01-25 11:26:23

R6 庄治郎日記 1月   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント