肉の庄治郎

馬刺し 馬肉 桜肉の専門店【会津馬刺し発祥店 肉の庄治郎】

大正6年創業 会津馬刺し発祥店 肉の庄治郎 常に鮮度の高い上質な「馬刺し」「馬肉」をお届けいたします。 生活衛生優良施設 <<受賞>> 食品衛生優良施設知事<<受賞>>
 
 
レシピ集
▲普段のメニューに一工夫♪肉の庄治郎の馬肉を使ったレシピを紹介します。

肉の庄治郎

大正六年より営業していますが ネットという 新たな試みに この度 踏み切られたのも 長年 肉の庄治郎を支えて いただいた皆様の お陰と思い 深く胸に刻み これからも 正直に 真心を込めて 営業させていただく次第でございます。

店舗案内

TEL・FAX:0242-22-0469

携帯ページ

 

   
 

昭和30年といえば、プロレス界の力道山が人気ナンバーワンを誇る国民的ヒーローでした。外国人レスラーをバッタバッタとなぎ倒す痛快さで戦後の日本を大いに勇気づけてくれました。その力道山のプロレス興行が会津若松の鶴ケ城(西出丸)であった時のお話です。興行終了後、力道山が大勢のお弟子衆を引き連れ当時未だ砂利道だった道を裸足で歩いて当店に来たのです。当店に入るなり、吊るしていた馬肉を指して、「おやじさん、その馬肉を生でくれ」と言い、お弟子さん持参の壷に入ったタレを付けて、その場で食べ始めたそうです。
当時、馬肉を生で食べれる習慣はありませんでしたが、それをきっかけに馬肉を食べる習慣が当店から会津全体へ広がったのです。
また、その時のタレにヒントを得て、作ったのが当店自慢の辛し味噌ダレです。